So-net無料ブログ作成
検索選択

自民もTPP参加でジレンマ、賛成論根強く

政府が検討する環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加を巡り、自民党内で賛否が割れている。29日、党本部で開かれた農林水産物貿易調査会では、農業分野を含めて貿易自由化の例外を原則設けないとするTPPへの参加に反対意見が相次いだ。だが、市場開放の国際潮流に乗り遅れるべきではないとの賛成論も根強い。同党は11月13、14日のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議までに党の見解をまとめたい考えだが、曲折も予想される。調査会では、宮腰光寛農林部会長や若林健太参院議員らが、「短兵急に裸になって竹やりで突入せよ、というやり方ではいけない」「党の立場をはっきりさせるべきだ。反対だ」などと参加反対論を展開した。(2010年10月29日20時00分読売新聞)
アイオン RMT信長の野望 RMTFF14 RMTFFXIV GIL
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。